シェイプアップについて



加圧トレーニングのメカニズムです。



<シェイプアップについて!>


シェイプアップとは健康的で身体にとって適切な体重を維持し、心身ともに健康な状態を意味するとTonedBodyでは解釈させて頂きます。いくらダイエットを行っても大事な筋肉を落としては意味がないです。またリバウンドしやすい身体になってしまいます。起こりがちなのが「運動を行わないで、食事制限だけでダイエットする方法」です。この場合は大切な筋肉が必ず落ちます。これでは健康的なシェイプアップとは言えません。正しいシェイプアップとは「運動と食事」の両面からアプローチすることが大切です。



img_20140916-151826.jpg


シェイプアップを考えますと有酸素運動だけを行う方がいますが、それにプラスして筋力トレーニングを是非導入してみてください。大変効率的なシェイプアップが行えます。

その理由として!


筋力トレーニングを行う事によって人間の身体は安静時代謝がアップします。そのアップ率は、おおよそ筋肉が1kg増えますと50キロカロリー〜100キロカロリー増加すると言われています。この増加分は女性が30分~1時間程度歩く消費カロリーに匹敵いたします。これだけでも太りにくい身体になる証拠がお分かり頂けると思います。



有酸素運動と筋力トレーニングの行う順番も大切になります。必ず筋力トレーニングを先に行う事をお勧めします。適切な筋力トレーニングを行いますと成長ホルモンが大量に分泌されます。この成長ホルモンは体脂肪を強力に分解する作用があります。有酸素運動を先に行いすぎますと、筋力トレーニングを行った際に分泌される成長ホルモンの量が少なくなります。これを踏まえると、有酸素運動の前に、筋力トレーニングを行う方が効率が良い事がお分かり頂けると思います。筋力トレーニングをしっかり行い成長ホルモンを大量に分泌し、体脂肪分解を行い、その後に有酸素運動を適度に行います。これが効率良くシェイプアップする方法になります。



img_20140916-151927.jpg


この成長ホルモンは体脂肪分解に強く作用しますが、負荷不足の筋力トレーニングやストレッチ、ヨガやピラティス、コアコンディヨニングなどの運動ではほとんど分泌されません。シェイプアップを効率よく成功させるには、成長ホルモンを大量に分泌させる適切な負荷の筋力トレーニングが大事です。

また筋力トレーニング後、有酸素運動が大事なのですが、行いすぎますと逆効果になる場合もあります。詳しいお話はセッションでお伝えします。



img_20140916-153619.jpg


女性の方や低体力者、運動初心者の方には筋力トレーニングが苦手な方が多いです。そこでこの様な方に最適なトレーニングが「加圧トレーニング」になります。加圧トレーニングは「低負荷・短時間・短期間」で効果が期待できます。女性や低体力者の方でも、軽い負荷のダンベルで加圧トレーニングを行って頂ければ、適切な負荷の筋力トレーニングを行った時以上の効果が期待できます。さらに関節等に不安がある方でも軽い負荷のトレーニングですので負担なくトレーニングが行えます。この加圧トレーニングは安静時に比べ大量の成長ホルモンが分泌され体脂肪分解に大変有効な方法であり、その点でも大変優れたトレーニング方法だと思います。




最初にシェイプアップには運動と食事が大切とお話しましたが、いくら効果的な運動を行っても、食べ過ぎてしまってはシェイプアップできません。ダイエット希望者には食事指導が必要になってきます。しかし長期間の食事注意は大変です。そこで期間を決めて(3ヶ月〜6ヶ月)その間、食事注意をしっかり行い目標体重に近づけます。目標体重になった後の体重キープは簡単です。その辺の詳しいノウハウは直接お話いたします。ポイントはダラダラ長く食事制限を行わず、ある程度の短期間で行うことが大事となります。


食事指導には沢山の方法があると思いますが、ある特定の食べ物だけを食べてダイエットする方法や極端な食事制限は健康を考えるとよくありません。しっかりとした食事指導が大切になります。その辺の指導はお任せください。

最終的に運動だけではシェイプアップできません。また食事制限のダイエットでは大事な筋肉が落ちてしまい、リバウンドしやすい身体になってしまいます。必ず運動と食事の両面から効果的なアプローチをする事が大事となります。



img_20140916-153732.jpg